QLOOKアクセス解析

FXに対応しているモバイルかを調べよう。

少し前までは、携帯やモバイルでのFX取引はこれほど当たり前になるとは思えませんでした。
携帯会社に対して、FX業者の数が多すぎて混乱していましたから。

法規制が厳しくなって業者数が減ったのもあるでしょうが、この数年でFX業者のモバイル対応機能が格段に上がって来ています。

現在はモバイル専用のアプリケーションが登場し、レートは手動更新ではなく、リアルタイムで更新されるのがあたり前になってきています。
特に注目したいのがフォレックストレードやEMCOM証券のアプリには目を見張るものがあります。

現在殆どの業者がモバイル対応していますが中には「カカクコム フィナンシャル」や「FX ZERO」のように対応していないところをあります。
業者選択の段階でモバイルを使うことが分かっているなら、この2社は避けた方がいいですね。

FXのモバイル対応業者はたくさんいます。
あまりにも沢山の業者がいるので、FXで資産運用を始めようとしている、初心者は判断が付かず困ってしまいます。

当然のことかもしれませんが、大体ランキングサイトで見かけるような大手の会社を選ぶ傾向にあるようです。

FXでモバイル対応を比較するポイント

FXモバイルの業者を選ぶ際は、比較サイトを利用して検討する人が多いようです。
しかし、比較サイトのランキングは、比較サイトを運営している、管理者の意志や意図を反映している場合があるので注意しましょう。

参考にすべきは取引の特徴やモバイル機能で、業者比較を行っているサイトです。
幾つかのサイトを表示して確認してください。

FXモバイルの業者を選ぶ時の、大切な比較すべき条件を以下の通りまとめました。
@取扱手数料
Aスプレッド
B保証金(証拠金)
C信用情報
Dスワップポイント
Eレバレッジ
F通貨ペア
Gロスカット
Hマージコール
Iモバイルトレード内容
J入金サービス
K営業時間
L顧客サービス
Mキャンペーン
N口座維持料(口座管理料)等です。

上記の項目も大切ですが、もっとも大切なのは自分の携帯にあったモバイルトレードがあるかどうかです。
本格的にFXに取り組もうとされている方は、専用の携帯電話を用意するのが良いかと思います。